シンジさん忙しそうですもんね<根拠is何


シンジです。ブログ書いてる時が一番暇してる時なのかもしれません。「2016年に買って良かったものブログ」とか、「2017年の目標ブログ」とか沢山見てたんですけど、まぁ、全然参考にならないし、個人の感想です的なあれなのかなって思って乗っかるのをやめました。

シンジは何をしているのか

肩書きは「情報セキュリティ管理責任者」という大変わかりやすいものが付いているのですが、実際セキュリティについてあれこれ毎日頑張ってることなんてなくて、すごくざっくり書くと、「会社が楽して儲かる方法を考えて実践してる」に尽きます。

ただ、セキュリティというすごくふわっとした概念のようなものをやってきたことによって、自分が持つ技術の適用範囲が広がったように思います。きっとシンジと親しくビジネスして頂いている方々は、シンジがセキュティの専門化だなんて思っていないはずです。実際そうですし。SBTの辻さんとか、徳丸さんとか、そーゆー方々をセキュリティの専門化というのです。

プログラマーはプログラミングの専門化かもしれませんし、営業は営業の専門化なのかもしれません。シンジは広く浅く主義、自分で触らないと納得できない主義、買うか買わないか悩むなら買う主義、です。つまり飽きが来るのが早いのです。なので専門化にはなれそうもありません。

興味のあることには没頭しますが、興味の無いことには関心が沸きません。でもこれって当たり前ですよね。シンジはこれを徹底しています。興味の沸かない仕事はやりません。そもそも、もはや仕事を振られることもありません。仕事は全て自分で生み出します。面白そうな事しかやりません。仕事は1人で完結しません。自分が面白いと思えないものを、他人に面白いと伝えることは出来ません。

面白い事がないときはクソ暇ですし、あるときは激務。でもこれも自分で勝手にやってるだけなんですけどね。

なので基本、暇です。

最近面白いと思っているもの

ブログのネタにしていないものが沢山あります。なぜ書いてないかと言えば、結論が出ていないからです。なのですごく中途半端な状態ですが、ちょっと紹介します。

Boxの新サービス群

最近のBoxは正直いまいちです。いや、サービスが落ちるとかは無いのですが、新UIに切り替わってから出てきたバグとかフィードバックしても直してくれないし、大型イベントで発表してた未来溢れるサービス群が全然手元に落ちて来ません。ちょっと触ってるのは、オフラインでも使えるBox Notesのアプリ。プライベートベータなので公開はされていません。いくつかイマイチポイントがあるのでこちらもフィードバックしていますが、直ってこなかったらもうなんか、Boxってその程度か感あるよねと思って最近ネタにしていません。RelayとDesktopどこいった。

DocuSign

電子署名のSaaSです。PDFとかWordとかを本当の意味での社外秘データにできます。契約書関連を全部デジタル化できます。この手のサービスでは全世界のシェア8割を持っています。とりあえず最上位プランで買いましたが、このプランでの購入は日本においてはcloudpackが初だそうです。ところが全然使えていません。SSOに問題があってフィードバックしてるんですが、さっぱりなおる気配がありません。近いうちにDocuSignジャパンとミーティングすることになりそうです。SSO使わないなら良いサービスだと思いますよ。

Netskope

エンドポイントセキュリティのSaaSです。もっとざっくり書くと、シャドーITを解消させるためのツールです。起業3年目のベンチャーですが、数多くの特許技術を持っていて、実際使った感じ、最強感はあります。日本だとLanscopeCATとか、MaLionとか、SkySeaとか入れて、危ないアプリ起動させないとか、アクセス禁止にしたり、ログ取ったり、USBメモリ禁止したりしますけど、あれインストールされてる一般ユーザーが、インストールされてて最高な気分になるシチュエーションって無いと思うんですよね。だってあれって禁止しかしてないんですよ。本来PCで出来る事を禁止させるツール。その辺をいい感じに制御してくれるのがこれですが、まー問題だらけなのでしょっちゅう連絡取り合ってます。さすがにシャドーIT無くなる代わりに業務が停止するのは避けたいわけです。継続中。

Lucidchart

日本で言うとCacooというツール、ブラウザ図形描画ツール?みたいなSaaSなアレです。インフラとかネットワーク構成図とか書いたり、ワークフロー書いたりするのに便利なのですが、Lucidchartだと出来る事が多すぎて、というかあんまりリテラシー高くなくても雑に書いてもいい感じになったり、データの制御とか他社との共有がまぁまぁ良く出来てるし、Slack連携もまぁまぁ便利な気がしたので、公開されていない最上位プランで調整中です。まだ全然検証しきれていない。

Concur

経費精算のSaaSです。結構な大手が導入していますが、よく落ちると評判です。まだ買ってませんが、社員が増えると経費精算も面倒なので、この辺をいい感じにしてくれるサービスです。まだ日本の法整備がおいついてなくて買ってないだけなんですが、半年以内には導入するかもしれません。ただなんか、経理関係って別に経費精算だけうまいことしたからって全体的にどーのってのはないんじゃねーのとか思うところもあり、そもそもAIとかSlack-Botとか、この辺とうまくあれこれしないとなんか今時感ないなーとも思って様子見です。

Cylance

ウイルス対策ソフトです。SaaSです。普通のアンチウイルスは定義ファイルをインターネットとか社内サーバーからダウンロードして、定義ファイルをアップデートし続けることで品質を保つのですが、CylanceはAIが判断するので、定義ファイルという考え方がありません。オフラインが長く続く環境でも高い検出率を保てるのがミソです。SaaSなので、管理コンソールがインターネット上にあります。いろいろ便利です。ただ、この手のシェアはトレンドマイクロが世界的にぶっちぎりなのですが、Cylanceはまだまだ新しい会社なので、Intelに買われるMcAfeeとか、突然どっかに消えてなくなるとかされると困るのと、今時企業向けのエンドポイントセキュリティってウイルス対策以外の事もやってるので、その辺の制御はどう考えてるのかよく分からないので、ちょっと様子見してます。

Envoy

会社の受付システムのSaaSです。2016年11月くらいから導入済みです。受付には今まで電話機おいてたのですが、iPadで入力式にしました。他社さんいくつか見てたら、自作のiOSアプリで受け付け作ってたりしてて、いーなーと思ってたんですよ。作るの面倒だなーと思ってたらSaaSがあったので買いました。日本語iPadアプリもあってビックリ。ただあんまり自由度が高くないので、Envoyが考える受付の姿に会社が合わせる必要があります。とりあえず訪問者は、担当者をSlackで直接呼び出せるようになって、バックオフィスの子とかが受付案内しなくなったのは良いのですが、で、クラウド上で訪問データとか解析してくれるんですが、だからなんだ感があってネタにしていません。

他にもいろいろあるけど

自由にやらせて頂いております。会社には感謝。いくつか物書きしたり資料作ったり、地味なこともありますけど、ちゃんとやろうと思いますのでメディアさんすみませんごめんなさい。

そんなこんなで暇です

たぶん普通の人は、業務時間に業務をすると思うんです。だから平日8時間とかなんですかね。年明け早々やることないのに会社には来たみたいな人もいるんじゃないのでしょうか。
シンジの場合は何もかもが仕事に繋がる行動だと思っているので、猫と遊んでても、ゲームしてても、寝てても、それは全て仕事で結果を出すための材料や過程に過ぎないと思っています。24時間体制。3日間寝ないでPCと向き合ってても、1日中寝てても、それはその時、その行動が最も効率よく結果を出せる方法だと判断したからやるんです。全てを仕事に捧げています。

チームとの直接交流が必要だと感じれば会社に行くし、必要無ければなるべく外との交流を持ちます。外というのは社外です。社内から得られる情報よりも、社外が得られる情報の方が価値が高いような気がしているからです。

で、自分にインプットした情報は、いろんな形で社内にアウトプットします。最終的には結果にして、利益に変えます。チームメンバーにも同じ事が言えます。1のアウトプットを出して欲しいと感じるなら、100をインプットしなければならないと思っています。なので、シンジ自身が沢山の情報を得るようにして、精査して、沢山アウトプットします。

という話しを2017/01/25(水)にします

会場はエウレカさんだそうです。

JAWS-UG初心者支部 第8回勉強会
https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/47359/

一応書きますが、2017年の目標は納税です。