Wantedly Peopleで読み込んだ名刺データ、誰のものになる?

シンジです。Wantedly Peopleは最新鋭の名刺管理サービス。しかも無料。リリース直後から気にはなっていたものの、サービスそのものはすごく面白そうだし、可能性も感じるし、なんならBoxと提携してくれとかまで思うくらいなのですが、日本においては主に名刺のデータは個人情報保護法によって守られるべき情報資産とされています。さてここがどうなっているのやら。

とりあえず公式をチェック

Wantedly(ウォンテッドリー)はたらくを面白くするビジネスSNS
https://www.wantedly.com/about/user_terms_for_people

Wantedly Peopleに関する条項

当社は、Wantedly Peopleの利用者がWantedly Peopleで第三者の名刺を読み込んだ際に、当該利用者が当該第三者にWantedly Peopleを案内する電子メールを、当該第三者の名刺に記載されたメールアドレス宛に送信する可能性がございます。Wantedly Peopleの利用者は、上記利用規約に加えて、本条項にも同意するものとします。

2016年11月11日制定・適用

この一文が気になる。他は割と普通。とにかくここだけが引っかかる。

例:
シンジの名刺をAさんが持っている。AさんはWantedly Peopleを使ってシンジの名刺をスキャンする。この時点で、シンジの個人情報は知らぬ間にWantedlyという第三者へ渡ったことになる。そして次が強烈で「Wantedly Peopleを案内する電子メールを、当該第三者の名刺に記載されたメールアドレス宛に送信する可能性がございます。」ということだそうな。

可能性を否定する場合、「取得した個人情報を営利目的に利用することは一切ございません」などと記述しますが、そうではないので、可能性がございますということは要するに、可能性ではなくて絶対に使うけど使うタイミングはこっち次第だからまー気にすんな。ってことになる。

もしあなたが、お客さん、取引先の名刺をWantedly Peopleで取り込んだ場合、その名刺からぶっこ抜いた個人情報を利用して、「Wantedly Peopleを案内する電子メールを、当該第三者の名刺に記載されたメールアドレス宛に送信する可能性がございます」というわけだ。

「すだちくんと名刺交換すると、なんか変なメール届くようになったんだけど何か知ってる?」とかいう会話も生まれてしまうのか?

とはいえ、「Wantedly Peopleの利用者は、上記利用規約に加えて、本条項にも同意するものとします。」とも記載されているので、ではアプリ側ではどんな具合で同意させているのか確認してみましょうか。

iPhoneにWantedly Peopleをインストール

起動直後の画面がこちら。

んー?
よく見ると下の方にリンクがあるけど、これだととりあえず「今すぐはじめる」を押したくなるな。でも今すぐはじめるを押すと、「上記利用規約に加えて、本条項にも同意するものとします。」ということなので、ちょっと不親切なのでは?

今時のライセンス読ませたいシリーズでは、予め条文を表示させて、チェックボックスを入れてもらうとか、各社工夫しているはず。なんかこの件で裁判になって判例ありましたよね。よく覚えてないけど。

個人情報の取扱って結構ややこしくできていて、

・利用目的の特定(第15条)
・利用目的の制限(第16条)
・適正な取得(第17条)
・取得に際しての利用目的の通知(第18条)
・苦情の処理(第31条)

まぁこまけーこたーいいとして、個人的に気になってるのは、シンジが知らないところでスキャンされた個人情報データを元に、Wantedyが営利活動をしようというところ。

・個人データの第三者提供の制限

必ずしも本人の同意を得なくとも、以下の場合は第三者への提供ができるものと規定されている。
第三者に提供される個人データについて、本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止することとしている場合であって、次の4点についてあらかじめ本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いているときは、前項の規定にかかわらず、当該個人データを第三者に提供することができる(第23条第2項)。

・第三者への提供を利用目的とすること
・第三者に提供される個人データの項目
・第三者への提供の手段又は方法
・本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止すること

また、個人情報取扱事業者と実質的に同一とみなしうる事業者が共同で利用する場合、または共同利用もしくは業務委託として一定の要件を満たした場合は、第三者とみなされない規定がある。すなわち、これらの場合は、本人の同意を得る必要がない。

なるほどわからん。

ウォンテッドリー株式会社がプライバシーマーク監査ほか、第三者によるセキュリティ認証を取っているのも確認できなかった。

アプリ無料だーどんどん使え、名刺から個人データ抜きまくって、利用しちゃうぜーうへへへ

なんかそんな、悪い感じのイメージもできちゃったりして。個人情報ビジネスにも見えなくも無い。

アプリもコンセプトもいいと思うんだけどおしいなー

ということで弊社内では利用禁止となっております故。しょーもないことでお客さんに迷惑かけたくないからね〜

でも技術的にはスゴいと思うので今後も頑張って欲しいと思いました!

【追記】現在は利用規約が変更されています

ご確認くださいまし~~

続編できました

Wantedly Peopleについて、Wantedlyに行って聞いてきた | ロードバランスすだちくん
https://blog.animereview.jp/wantedly-people-info/